リフォーム一覧 | サービスと料金

屋根

お宅の屋根は大丈夫ですか。屋根は365日休まず大切な住まいを守っています。瓦屋根の耐久性は一般的に10年から20年といわれています。是非一度、屋根の点検やメンテナンスをご検討下さい。

屋根材の種類と特徴

瓦葺

粘土を成型して焼いた屋根材で、和瓦と洋瓦に分かれます。

いぶし瓦黒灰色の伝統的な和瓦です。
陶器瓦和瓦も洋瓦もあり、様々な色がそろっています。
塩焼き瓦焼きあがる直前に塩を入れて焼いた瓦で、赤褐色をしています。

瓦は他の屋根材よりも価格は高いのですが、それだけ高級感があります。
瓦葺きは耐火、防水、断熱、遮音性に優れています。

金属板葺き

鋼板、銅板、アルミニウム板、ステンレス板などの種類があります。
葺き方は、長方形の平板を横長に葺く(一文字葺き)と棟から軒先にかけて棒を並べたように葺く(瓦棒葺き)が代表的です。
金属板葺きの屋根は、瓦葺きに比較すると非常に軽く、ゆるやかな勾配の屋根にも問題ありません。
曲げたり切ったりといった加工が容易なため、曲面や複雑形状の屋根にも対応できます。
一般的な住宅には、表面に塗料などを焼き付けて錆を防いだカラー鉄板がよく使われています。

スレート葺き

玄昌石を材料にした、薄い板状の屋根材です。
一般的に普及されているものは、セメントと繊維を原料としてつくられており、軽量で施工も容易で色数も豊富なので、現在最も多く使われている屋根材です。
平板状の他に、洋瓦の形をしたものもあります。どちらも軽量で鮮やかな色から、落ち着いた色まで豊富な色がそろっているため、和風・洋風デザインの家屋にも合う屋根材です。
比較的吸水性が高いので勾配のゆるい屋根には適していません。

屋根リフォームの方法

塗り替え

内容 屋根材の表面の汚れやサビを落としたり、穴などを埋めて塗装します。
メリット 工事期間が短く、工事費用が安く済みます。
5~10年毎に塗り替えが目安です。

部分補修

内容 瓦のずれを直したり、割れた瓦を新しいものに差し替えたり、漆喰を直す等があります。
メリット 工事期間が短く、補修部分の費用のみで済みます。

重ね葺き

内容 現在の屋根材をそのまま残し、その上から新たに屋根材を葺きます。
メリット 葺き替えに比べ、施工期間を短縮できます。

葺き替え

内容 現在の屋根材をそのまま剥がして廃棄し、新しい屋根材を葺きます。
屋根材の下の防水シートの交換や、腐った桟木や野地板を交換します。
メリット 屋根下地材の補修も出来て、建物自体の耐久性も上がります。
屋根補修の心配も要らず、屋根に付加機能(喚気など)が付けられます。

屋根リフォーム施工例

屋根リフォーム前 屋根リフォーム後
見積、出張費用は無料!パッキン1枚からリフォームまでお気軽にご相談ください。 0120-7040-59 年中無休 受付:7:00~21:00 メールでのお問い合わせ サービス対応エリア